ICレコーダー ボイスレコーダー icレコーダー

ICレコーダーとは?一体どんな物でしょう。

icレコーダーを持ち歩いている人が増えています。トラブルを防ぐのに役に立ちます。
上司のセクハラ、パワハラをしっかり録音して証拠に残したり、

 

大切な話し合いの場で使ったり。
学校や習い事に持っていって先生の話を録音するのにも良いですね。
もちろん許可が下りればですが。

 

自分の歌声を録ってカラオケの上達に役立てて居る人も多いようです
一般的に広く使われるようになったのは1990年代ごろからだそうです。

 

その頃ウォークマンやポケベルなど小型の精密機器が多く発売されましたよね。
今では小型化が進み、
手の平にすっぽり収まってどこにでも手軽に持っていけるような商品が数多く出ています。

 

値段も5千円で充分にお釣りが来るような商品も少なくないですね。
機能面の方も充実してUSBでパソコンに繋いで、
録音した音声を保存する事もできるようになりました。

 

昔は本体にそのまま残しておくか、
テープレコーダーに繋いでテープに保存するのが主流でしたのでこれは科学の大進歩ですよね。

 

音声が消えてしまう心配も減りましたし、少しの容量でたくさん保存しておけるようになりました。
また、icレコーダー単体の商品だけでなく、
音楽プレイヤーや携帯電話に機能として付いていることもありますね。

 

私が使っているMP3プレイヤーにも付いています。
今の世の中、どんなトラブルに巻き込まれるか分かりませんので、
いざという時の為にicレコーダーを携帯しているとやっぱり安心ですよね。

ICレコーダーの選び方は難しいの?

Icレコーダーは今、星の数ほどのたくさんの商品が出ています。
価格も5千円以下の物から数万円もする物まで実に様々です。

 

これだけあるとどれを買ったら良いのか迷ってしまいますが、何を基準に選べば良いのでしょうか。
私はやはり、何に使うのかを考えて買うのが一番だと思います。

 

音楽プレイヤーや携帯電話に付いているものは多機能で持ち運びもラクラク、
非常に便利ですがいざトラブルに見舞われて録音が必要になった時、
とっさに操作してきちんと録音できるのかが心配です。私のような慌て者には特に(笑)。

 

逆に、会議の録音やカラオケの練習など、
ゆっくり落ち着いて操作できる場面で使うのであれば操作に少し手間取るような多機能なタイプでも,

 

録音をしくじる事はあまり無いと思います。
何より機能がいっぱい付いている電化製品って惹かれますからね。

 

それから参考になるのはやっぱり購入者の口コミですよね。
実は私は口コミを読まなかった為に買い物に失敗した事が多々あります。
安さだけで選んですぐに壊れてしまったり、壊れはしないものの快適に使えなかったり。

 

今はインターネットで簡単に購入者の口コミが読める時代ですから、
ネットショップをあちこち回って口コミをチェックしてみると失敗が少なくなります。

 

特に精密機器については初期不良だとかバグの発生が無いかなどもよく読むようにしましょう。
買った人がどんな事に使っているか、その目的の為に使ってどうだったのかも書かれている事が多いので,
一通り目を通すと自分の目的に合っているかどうかも判断できます。

ICレコーダーの上手な使い方 !

あると便利なicレコーダー。実際に購入したら上手にフル活用したいですよね。
特に雑音が入って聞き取れないような事ではせっかく録音した意味がありません。

 

ですが、雑音は本体に付いている機能でかなり抑える事ができるのですよ。

 

「ノイズキャンセル」や「ローカットフィルター」という機能がそれです。
気休め程度にしかならないと思ったら大間違いです。
使うのと使わないのとでは雑音の入り方が本当に違って来ますよ。

 

こんな機能が付いていたらせっかくなのでぜひ使いましょう。
それから振動が本体に伝わりやすい机の上などには直接置かず、布の上に置くのも有効です。

 

ハンカチやポーチなどちょっとしたものでOKです。
このふたつを合わせて行うと大分聞き取りやすい音声で録音ができますよ。

 

録音した音声をさあ聞こうと言うところにも工夫できるポイントがあります。
「インデックス」機能があるレコーダーなら録音中や再生中、
大切な所に印を付けてそこの部分からすぐ再生するようにする事ができます。

 

それからファイルに付けられる数字をメモしてどの番号にどんな事が吹き込まれているのか
ノートや手帳、携帯やスマホのメモ帳に残して管理すると
「あの音声が聞きたい!」という時、パッと聞けるので大変便利です。

 

ちょっとした工夫でicレコーダーはぐっと使いやすくなるアイテムです。最大限に活かして使いましょう!

ICレコーダー勉強法 !

icレコーダーは今や受験勉強の必須アイテムになろうとしつつあります。
受験勉強ってなんだかんだで暗記が多いですからね。
繰り返し繰り返し、何度も聴いて覚えるにはicレコーダーがぴったりです。

 

勉強に使う場合には音楽プレイヤーや携帯の機能では無く、単体になっている物の方が向いています。
やはりたくさん録音できますし、再生したり
速度を上げたりと言った操作面でもラクなんですね。

 

それに音楽プレイヤーならともかく携帯電話では電池の持ちも気になる所です。
しっかり集中して勉強するにはicレコーダー単体の物がベストです。

 

Icレコーダーを使った勉強で一番ポピュラーなのは英単語の暗記です。
単語とその意味を延々と吹き込んで聞き流す。通学時間や寝る前に聞くだけでも効果的です。

 

重いテキストを持ち歩いたり、
蛍光マーカーでぐちゃぐちゃになるまで線を引いたりせずスマートに暗記ができますね。
化学式や数式を覚えるのにも使えます。古典や詩の暗唱にも使えますよ。

 

私は中学生の頃「竹取物語」の暗記でMDを使用していましたがicレコーダーに比べると
操作の手間が掛かってとてもめんどくさかったです(笑)。

 

それからあまり受験勉強向きでは無いかも知れませんが、
教養を身につけたいという場合にはテレビのクイズ番組を録音して聞くのもいいですよ。

 

クイズには時事問題、歴史問題、
英単語や数学の問題なども出題されます。何より聞いていて面白いのでおススメです。
学生さんの勉強でも社会人になってからの勉強でも、icレコーダーは大いに活用できます。